Video of Poemdroids Only performing at the Powell Street Festival. One short poem from a wonderful 30 minute set. Some poems were Japanese only, some English only and some, like this one, wove both languages together. I helped a little bit with the translation, so it’s literally a collaboration between Japan and Canada. But more than that, I think it’s a living metaphor of how that collaboration becomes something more than a mix of one and the other. It’s something different, something new and wonderful.

The poem is called “Sound of tear drops; Poroporo Poporo”

ポエムドロイズオンリーがパウエル祭で行ったパフォーマンスのビデオです。30分間の素晴らしいセットリストの中から、1篇の短い詩の朗読を撮りました。イベントでは、日本語の詩や英語の詩、そしてこのビデオのように英語と日本語を紡ぎ合わせた詩の朗読が行われました。僕は英語への翻訳作業に携わったので、まさに日本とカナダのコラボレーションと言えるでしょう。ですがそれ以上に、コラボレーションとは二つのものをただ掛け合わせただけではないことが、まざまざと現れていると思います。ちょっと違う、どこか新しい、そして素晴らしい。

タイトルは“Sound of tear drops; Poroporo Poporo”(ポロポロポポロ)です。